中途採用 喜ばれるための一歩を一緒に踏み出そう!

with your potential GMTradings NEXT STAGE

私たちは今年3月1日に創業10周年を迎えました。
これからの10年を私たちは
第2創業期・新たな成長への挑戦ととらえています。
私たちと次のステージへ
一緒に手を携えて行きませんか。
皆さんの働く意欲を私たちは笑顔で迎えたい。
そして成長のよろこびを
共にあじわってほしいと思います。

  • 「組織」というより「大家族」くらいがちょうどいい。

    現在約60名の仲間たちが、日々懸命に働いています。1、2年後には倍の100名近くに仲間が増えている予定です。
    でも、私たちはいたずらに人数を増やしていく考えはありません。一人ひとりの顔を思い浮かべ、想いが通い合う、ほどよい距離感を保ち続けられる規模で会社を動かしていくことこそが何よりも大切なことだと考えるからです。
    「組織」と言うことよりも「大家族」として互いに信じ、想いを分かち合える会社としての存在感こそ意味のあることだと信じています。

    「組織」というより「大家族」くらいがちょうどいい。
  • 創業者がふるまう1つの鍋の味をあじわって欲しい。

    創業者である糸井が自らふるまう料理には、社員のお腹を膨らます以外にも想いが詰まっています。
    糸井が味わった前職での痛恨であり、悲嘆にくれた出来事を自分も含めて仲間たちには二度と繰り返して欲しくないと言う無言の願い。一つの鍋を囲み、語らい、笑い合う時間こそが、毎日懸命に働く仲間たちへの糸井からのささやかなエールです。
    皆さんにも一緒にぜひ味わってください。お腹と気持ちがとても温かくなる明日への活力源です。

    創業者がふるまう1つの鍋の味をあじわって欲しい。
  • 今、この時代に成長が止まらないのは奇跡に等しい。

    物流という社会インフラを支える事業展開を行っている当社は、大きく成長をしております!特に2020年期の年商を2021年上半期だけで突破!なんと200%という売上を達成してしまいました。災害や疫病にも負けない強靭な企業体質を構築し、創業10年目の若い会社とはいうもののこのコロナ時代も飛躍的な成長し続けています。

    今、この時代に成長が止まらないのは奇跡に等しい。
  • 垣根はない、あるとすればあなた自身の心にね。

    とにかく、仲間たちが互いに気持ち良く働くことが最優先されます。
    経験とか年齢とか役職とか、いわゆるコミュニケーションの妨げとなるような忖度根性は一切ここでは通用させていません。ただし、同じ場所で働く者としての毎日の挨拶や礼儀は重んじます。
    もし、コロナショックの影響で職を失ってしまった方、退職勧告を受けてしまった方がいらっしゃればいつでも私たちに声をかけてください。
    働く意欲さえ持っていれば、いつでもウェルカムです。そう!明確な志望理由がなくてもOK!
    私たちと皆さんの間には垣根はありません。変な固定観念は捨てて来てください。一緒に働く場所は、ここにあります。

    垣根はない、あるとすればあなた自身の心にね。
  • 「即戦力」って言うコトバが嫌い。インスタントに人って育たないから。

    よく「即戦力募集」とか言うフレーズを目にしますがこれは言ってみれば「企業側(雇う側)」の勝手な理屈。効率的に仕事を動かし、業績をあげていく方便にすぎません。そんなに簡単に人は、仕事にも社風にも馴染めるわけはありません。
    当社は入社されたら3ヶ月程度かけて、仕事の進め方を学びます。3人1組となって、配送から設置まで やり方を覚えていきましょう! 分からないことや困ったことがあっても すぐに先輩がサポートするので 未経験の方も安心してチャレンジすることができます。
    一人前のドライバーになった後も安全運転講習を定期的に実施 、研修も実施しています。なぜなら仲間たちの安全を最優先に考えているからです。※独り立ち後は、2人1組となります。

    「即戦力」って言うコトバが嫌い。インスタントに人って育たないから。

今、この時代、本当に生きることの、働くことの
価値観や生活スタイルの変化が求められています。
それでも変えてはならない、
変わってはいけないこともあります。
互いが互いを大切に想いながら
仕事や生活に向き合って行くこと。
「物流」と言う社会インフラに携わり「生活」と言う日々の営みに関わる私たちの仕事には、
それが最優先されます。
社会や様々な人たちとの接点の中で、
そこに自然と笑顔が溢れる場所になる。
私たちはその場所に居続けたい。
皆さんとずっと一緒に。

募集要項

現在、以下の職種を募集中です!

応募する

GMTradings 10周年記念ムービー

「喜ばれるために」